• yoshikenの会社理念
  • スタッフブログ

yoshikenのこだわり

在来工法とは

在来工法とは、日本でもっとも伝統的な木造建築の建築方法です。
柱・梁・筋交いなど木の軸を組み立てて建物を支える工法で、木造軸組工法ともいわれることもあります。
軸で支える構造であるため、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部をつくれるので、通風や採光に優れた間取りをつくることができます。
また、増改築が容易で、使用する木材によって予算も柔軟に調整できるのも大きな特長です。